手の痺れが起こる4つの原因について解説|大磯・平塚で鍼灸・マッサージ・YNSA・美容鍼なら当院へ!頭痛、肩こり、腰痛、坐骨神経痛などお任せください。

美容鍼灸 初回限定67%OFF 5,000円

TEL:0463-61-8122

診療時間9:00~23:00 日曜・祝日休み

ネット予約をする
友だち追加

お問い合わせする >

コラム

手の痺れが起こる4つの原因について解説

日常生活でジンジンとした手の痺れを感じたことはありませんか?

 

手の痺れは日常的に起こるものではないので、不安になりますよね。

 

手の痺れが起こる原因は様々ですが、一時的なものもあれば、慢性的に続いていくものもあります。

一時的なものなら、自然に回復するのを待てばよいのですが、何かの病気によるしびれの場合は、治療やリハビリが必要になります。

 

そこで今回は、手の痺れが起こる4つの原因について解説していきます。

 

手の痺れが起きる4つの原因.

手にしびれが生じる原因としては、大きく分けて4つの原因が考えられます。

 

✓血行不良によるしびれ

✓脊椎に起因するしびれ

✓末梢神経に起因するしびれ

✓大脳に起因するしびれ

 

一時的なものから、病気によるものもあるので、詳しくみていきましょう。

 

1.血行不良によるしびれ

寝起きに手がしびれる、正座をしていたら足がしびれる、といった経験は誰しもが経験したことがありますよね。このしびれは、血行不良によるものと考えられます。

何らかの行為で血液の流れを止めてしますことによって、しびれが生じますが、一時的なものなのが多いので、自然回復が期待できます。

対策としては、ストレッチや入浴、長時間同じ姿勢を取らないようにするのが効果的です。

 

2.脊髄に起因するしびれ

手の痺れの原因として、脊髄を圧迫することによって起こる痺れがあります。

頸椎の中にある椎間板が何らかの原因で破壊され、神経を圧迫し、しびれや痛みを生じさせることがあります。これは、頸椎椎間板ヘルニアと呼ばれる病気で、早々の治療やリハビリが必要です。

 

3.末梢神経に起因するしびれ

脳・脊髄(せきずい)などから出て、体表や体内の末端の神経である、末梢神経に圧迫が加わってしびれが生じる場合もあります。

指先などを使いすぎ、靭帯が炎症を起こすと、末梢神経を圧迫し、しびれや痛みを引き起こすので、注意が必要です。

特徴として、徐々に症状が出てくることが挙げられます。

 

4.大脳に起因するしびれ

大脳で出血や梗塞が生じることによって起こる、突発的な手の痺れがあります。

両手には症状が出ず、片側にのみ症状がでるのが特徴です。

命に関わる場合があるので、手のしびれ、ろれつが回らない、めまい、など症状が出た場合は、急いで病院へ行きましょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

この中で鍼灸治療の適応となるのは1~3です。もし、このような症状でお悩みのかたがいらっしゃいましたらご連絡ください。

手のしびれは、様々な病気のサインでもあるので、原因を見極めて治療やリハビリを行いましょう。

 

 

【神奈川 大磯 二宮 平塚 茅ヶ崎 藤沢 小田原】

鍼灸マッサージ YNSA(山元式新頭鍼療法)上田式美容鍼灸®

たかはし治療院 

神奈川県中郡大磯町西小磯757 0463(61)8122

★坐骨神経痛 頭痛 耳鳴り 難聴 肩こり 腰痛 慢性の痛み 手足のしびれ むちうち

★10歳若返る美容鍼灸 たるみ ほうれい線 リフトアップ